Columnコラム

注文住宅に書斎はいかが?書斎のメリットとよくある後悔についてご紹介!

書斎のメリット・よくある後悔

「注文住宅に書斎を取り入れたい」
「書斎をつくるメリットを知りたい」
長浜市・米原市・彦根市周辺で、このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。
リモートや在宅業務など、ここ数年で家の中での働き場所として『書斎』が注目されるようになりました。
そこで、今回は書斎のメリットとつくる上での注意点をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

□書斎のメリットとは?

書斎のメリットを以下でご紹介します。
注文住宅に書斎を取り入れるかを検討する際にお役に立ててください。

1つ目は、集中できる空間ができることです。
書斎は読書や書き物をするために机と椅子が置かれた場所を指します。
裁縫部屋やスタディスペース、ワークスペースなど、使い方の幅は広いです。
リビングなど部屋の一角に設けるオープン型の書斎、完全個室のクローズ型の書斎、大きく分けて2つのスタイルがありますが、いずれも書斎があれば、1人になり、集中して仕事や趣味に取り組めます。

2つ目は、オンとオフの切り替えができることです。
自宅にいると他の家族やテレビ、やり残した家事など、気になることがたくさんあります。
また、家で仕事をしてしまうと、家でリラックスできなくなることもあるでしょう。
しかし、書斎をつくることでオンとオフの区別がつきやすくなります。
生産性を高めるとともに、リラックスできる自宅をつくり出しましょう。

3つ目は、書類やパソコンなどを、その都度片付けなくて済むことです。
リビングやダイニングなど家族の共有スペースで仕事をする場合、食事や他の作業をする際には片付ける必要があります。
一度片付けてしまうと再開するのに手間がかかって面倒ですよね。
そこで書斎を設置すれば、そのまま席を離れられ、またすぐに作業にかかれますので、手間と時間が省けます。

□書斎をつくる上での注意点とは?

以下で書斎をつくる上での注意点をご紹介します。
書斎をつくる際のお役に立ててください。

1つ目は、目的をはっきりさせることです。
目的をはっきりさせないまま書斎をつくると、結局使わずに、物置になってしまう可能性が高いです。
誰がいつどんな場面で誰がどのように書斎を使用するのかを明確にしておきましょう。

2つ目は、目的に合わせて間取り上の配置を考えることです。
例えば、料理の家事を主に担当する方であれば、キッチン近くに設置した方が使用しやすいです。
また、書類や図書を保管する部屋であれば、直射日光の入りにくい北面を利用するといいですね。
上のように目的によって部屋の適した配置は異なります。 どこが最適なのか見極めましょう。

□まとめ

書斎のメリットとつくる上での注意点をご紹介しましたが、いかがでしたか。 この記事を参考に、書斎について考えてみてくださいね。
当社は、『住宅』は家族が幸せに暮らす大切な拠点と考えております。
注文住宅をお考えなら、ぜひ当社にお任せください。

一覧へ戻る

Contactお問い合わせ

メールの場合

mail
メールフォームはこちら

こちらのメールフォームをご利用ください。

お電話の場合

phone0749-68-0890

受付時間
 9:00~18:00(※水曜日以外)