Columnコラム

年収500万の方の住宅ローンに関する目安をご紹介!頭金はどれくらい?

住宅ローンの目安・頭金はどのくらい?

家を購入される方のほとんどは住宅ローンを組むと思います。
しかし、どのくらいの金額を住宅ローンで組んで良いのか分からない人も多いです。
そこで今回は、年収500万円(夫婦合算して)の方を例に、住宅ローンの目安や頭金についてご紹介します。

□住宅ローンの目安を考える方法について

住宅ローンの目安の考え方を2つご紹介いたします。

*年収から考える借入額

一般的に無理のない借入額は税込み年収の5~6倍までと言われています。
そのため、年収500万円の方の場合、無理のない借入額は2500万円~3000万円までということです。
しかし、これはあくまでも目安であり、新築を建てるのか、中古住宅を購入するのかでも変わってきます。
中古の場合には、年収の5~6倍の額を借り入れる人が多いですが、新築の場合には年収の6~7倍の額を借り入れる人が多く、3000万円~3500万円くらいとなります。

*返済負担率から考える借入額

返済負担率とは、年収の中からローン返済のために使う金額の割合のことです。 この返済負担率が20~25%だと、一般的に無理のない返済ができると言われています。
そのため、年収500万円の方の場合、無理のない毎年の返済額は100~125万円ということです。(毎月にすると8万円~10万円)
例えば、返済期間を35年と仮定すると、金利によっても変化しますが、借入額はおよそ3500~4380万円が妥当と言えるでしょう。

□年収500万円の場合に頭金はどのくらい入れるべきなのか?

家を購入し、住宅ローンを組む際、頭金を支払うことがほとんどです。
一般的に頭金の目安は、年収の10~20%だと言われています。
そのため、年収500万円の方の場合、50~100万円が目安です。
しかし、もっと頭金を入れる余裕があったり、ご両親からの援助をお願いできるなら多く入れたほうが良いでしょう。

それは、頭金をたくさん入れることにより、返済比率が下がって月々の返済が楽になるからです。
また、借入を行う金融機関によっては、借入額の20%以上を頭金として入れると金利を下げられます。
このように頭金を多く入れることにより、いくつかのメリットがあります。

だからと言って、貯金額のほとんどを頭金に入れるのはおすすめしません。
人生、どこで何が起こるか分かりません。
緊急のことが起こった時に対処するために、ある程度のお金は残しておくことも必要です。
お金を借りる上で住宅ローンは、さまざまな借り入れの目的の中でも一番の低金利ですから、しっかりと借りることも得策かもしれません。

□まとめ

今回は、年収500万円の方を例に、住宅ローンの目安や頭金についてご紹介しました。
今回の記事を参考に無理のない住宅ローンを組むようにしましょう。
長浜市・米原市・彦根市周辺で注文住宅をお考えの方は、ぜひ当社までお気軽にご相談ください。

一覧へ戻る

Contactお問い合わせ

メールの場合

mail
メールフォームはこちら

こちらのメールフォームをご利用ください。

お電話の場合

phone0749-68-0890

受付時間
 9:00~18:00(※水曜日以外)