Columnコラム

ZEH(ゼッチ)住宅とは?ZEH住宅のメリットについてもご紹介!

家づくりを検討するにあたり、ZEH(ゼッチ)住宅についてご存じでしょうか。
快適な住まいを目指しながら、環境にも配慮した、地球に優しい住宅で、国が推進している住宅でもあります。
そこで今回はZEH住宅の概要やメリットについてご紹介します。

□ZEH住宅とは何か?国がZEH住宅を推進する背景も併せてご紹介!

ZEHとは、「Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)」の略語です。
このZEH住宅を分かりやすく説明すると、家で消費されるエネルギーと作り出すエネルギー(電力)がプラスマイナス0(ゼロ)になる住宅のことです。
断熱性能を大幅に向上させるとともに効率的な設備システムを導入した上で、再生可能エネルギー(太陽光発電等)を導入し、年間の1次エネルギー消費量の収支をゼロにすることを目指しています。
冒頭でも触れたように、このZEH住宅は国も推進しています。
なぜ国がZEH住宅を推進するようになったのか、背景も併せてご紹介します。
国が推進し始めたきっかけは、2015年に開催されたCOP21で採択されたパリ協定まで遡ります。
パリ協定では、地球温暖化防止の施策として、その原因である温室効果ガス排出の対策を各国間で協議しました。
この結果、世界の平均気温上昇を工業化以前から2度以内に抑えるという目標が策定されました。
日本はこの目標を達成するために、2030年にCO2排出量を2013年比で26パーセント削減するという国際公約を結びました。
この国際公約を果たすための取り組みの1つとして、ZEH住宅を推進しているという訳です。

□ZEH住宅のメリットとは?

前の項でZEH住宅についてご紹介しました。
それでは、このZEH住宅にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

メリット① 光熱費を抑えられる
高い住宅性能と高効率設備によって、使用する電力を最小限に抑えます。
それに加えて、太陽光発電システムで電力をつくり出すため、光熱費を抑えられます。

メリット② 地球環境に優しく、快適な住まいは健康にもいい。
断熱性能が高い家は、熱を外に逃しにくく、消費エネルギーが少ないだけでなく、部屋どうしの気温差が小さくなるので家じゅうの温度を一定に保ちやすく快適に過ごすことができます。
さらに、冬場に多発し問題視されている、急激な温度変化で起こるヒートショックを防げます。

メリット③ 災害時の停電にも電力を使えることです。
太陽光発電システムは発電している日中はもとより、
蓄電池も導入した場合は、昼間に発電した電力を貯めて夜間にも電力の使用が可能となります。
災害時に必要となるのは情報や通信、食料保管のための冷蔵庫だと言われています。
その際にもZEH住宅は、住まわれる方の命を守ってくれる住まいなのです。

□まとめ

今回はZEH住宅の概要やメリットについてご紹介しました。
ZEH住宅について理解していただけましたでしょうか。
家づくりをご検討中の方は、ぜひZEH住宅も選択肢に入れてみてください。
また、長浜市・米原市・彦根市周辺で家づくりについて相談したい方は、ぜひ当社までご相談ください。

一覧へ戻る

Contactお問い合わせ

メールの場合

mail
メールフォームはこちら

こちらのメールフォームをご利用ください。

お電話の場合

phone0749-68-0890

受付時間
 9:00~18:00(※水曜日以外)