Blogスタッフブログ

地盤改良 で災害に備える/倉庫建設現場レポート-in Nagahama-

地盤改良工事 とは?
地盤改良工事のメリット・デメリットと施工法について

皆さん、こんにちは。
滋賀県長浜市にある
シークホームの山﨑です。

本日は「 地盤改良工事 」について
レポートします。

私も家を建てる際は「なぜ見えない部分」で
100万円近く金額を出費しないといけないんだ~
などと考えていました。

今、地盤改良工事についてレポートを
作成するにあたって色々と調べる中で
地盤改良工事をすることの重要性を
改めて発見しましたのでご紹介させて
いただきます。

● 地盤改良 工事とは

地盤改良工事は、建築地の地盤(土地)が弱い場合に
建物を安全に支えるための補強工事のことです。

地盤が弱いと、時間が経過するにつれ
地盤沈下(※1)が起こり、不同沈下(※2)で
建物が倒壊する危険性が高まります。

地盤改良工事の必要性は、スウェーデン式
サウンディング試験などの地盤調査データを
もとに判断されます。

また、地盤改良工事は「表層改良工法」
「湿式柱状改良工法」「鋼管杭工法」と
いくつかの工法があります。

今回は、地盤改良工事のメリットとデメリット、
それぞれの工法の特徴や施工事例などについて
ご紹介します。

(※1)地盤沈下:地盤が収縮や陥没により
       相対的に沈む現象。
(※2)不同沈下:建物が不揃いに沈下を起こすこと。
       家全体が均等に沈下するのではなく、
       一方向に斜めに傾くような状態。

– 地盤改良 工事のメリット-

1.地盤沈下現象を抑える
2.液状化現象
(※1)を抑える
3.地震による家の振動、傾きを抑える
4.強風や交通振動の建物の揺れを抑える
5.生活に安心を与える


いくつかの工法がありますが、全体的に
地盤改良工事をするメリットは不同沈下、災害や
生活の振動から「家を守る」お手伝いをするという
ことです。

(※1)液状化現象:普段はバランスよく固まっている
         細かい砂や比較的大きな砂、その
         隙間にある水などが地震の衝撃で
         分離してしまうこと

– 地盤改良 工事のデメリット-

地盤の調査をしなければ費用が分からない

地盤改良工事は、スウェーデン式サウンディング
試験などの地盤調査を行い「地盤改良が必要」という
結果が出れば工事を行う必要があります。

土地柄などである程度の予測を立て費用を出すことが
できますが、支持層(※1)がどれくらいの深さかは
地盤調査の結果によるので予算より低くなる場合も
ありますし、反対に予算金額より高くなってしまう
場合もあります。

(※1)支持層:特定の建物を支えるのに適した十分な
      固さを持つ地層のこと

● 地盤改良 工事の種類

地盤改良工事は、深度などに合わせて
施工方法が変わります。

1.表層改良工法

地盤改良 工事

杭は打たずに軟弱地盤の土とセメント系の固形材を
混ぜ合わせ、転圧することで地盤の強化を図る
工法です。地盤の固い土地で使う工法で、軟弱な
地盤が地表から2m以内じゃないと対応が困難です。

〈表層改良工法のメリット〉
・小型重機で対応可能で地盤にコンクリや
石が混入していても問題なく施工が簡単です。
そのためリーズナブルな価格で対応が可能です。

〈表層改良工法のデメリット〉
・地下水位(※1)が地盤改良する面より
 高い場合は対応不可
・勾配の強い地盤では施工が困難
・職人の技術により仕上がり(強度)にムラができる

(※1)地下水位:平均海面を基準として測った
       地下水までの深さ。

2.柱状改良工法

地盤改良 工事

セメント系の固定材を地盤に注入し、柱上の強化
地盤で建物を支える工法です。戸建て住宅では一番
多いといわれています。
軟弱な地盤が地表から2~8mくらいが最適です。

〈柱状改良工法のメリット〉

・小型重機でも施工可能
・地盤の強度によって支持層がなくても強度を保つ。

〈柱状改良工法のデメリット〉

・施工後に元に戻せない
・改良杭が残るので土地売買の価格が
 下がる原因になる可能性がある

3.鋼管杭工法

地盤改良 工事

金属製の鋼管で建物を支える工法です。
地盤の弱い土地に使う工法で、地表から30mと
幅広く対応が可能です。
しかし、戸建て住宅にはあまり使われません。

〈鋼管杭工法のメリット〉
・強度が高く、重量のある建物にも対応可能
・費用は掛かるが、原状復帰できる

〈鋼管杭工法のデメリット〉
・支持層まで杭が届かないと強度が保てない
・大型重機が必要なため敷地状況で工事できない
・工事中の騒音や振動が大きい

●シークホームがおすすめする施工法

地盤改良 工事


シークホームでは、鋼管ではなく
「H型PCパイル」で行う杭工法を
おすすめしています。

H型PCパイルをお勧めする理由は2つあります。
1.コンクリートの圧縮強度が高いので
  耐衝撃性にも優れ、PC杭(※1)なので曲げに
  強く強度が大きいです。
2.φ250㎜円筒杭より周面長が長く、大きな
  支持力で建物を支えることができるので
  軟弱地盤に最適です。

長浜市の現状を施工会社に確認しましたが、
長浜市は一般的にミルフィーユ層(※2)が多く
支持層5~10mが平均的に多いと話を聞きました。

統計数字ではなく滋賀県長浜市で作業をされる
スタッフの話なので「これが絶対です」とは
言えないのですが参考程度にしていただければと
思います。

(※1)PC杭:高強度鋼材を使用した
      鉄筋コンクリート杭
(※2)ミルフィーユ層:地盤が強い、
           弱いを繰り返している

シークホーム 地盤改良
工事/施工例

先日滋賀県長浜市で倉庫の建設作業を行っています。
1.穴掘り用の重機で掘削する
2.杭の打設
3.打設後、高さを確認する
4.ユンボなどを使い確認した高さに合わせる。

-まとめ-

今回は現場レポートとともに地盤改良工事について
ご紹介させていただきました。

地盤改良工事には高額費用が必要で、その役割が
見えづらい部分ではあります。
しかし、滋賀県では、琵琶湖西岸断層帯、
花折断層帯、木津川断層帯、鈴鹿西縁断層帯、
柳ヶ瀬・関ヶ原断層帯などの活断層による直下型地震や
海溝型の南海トラフ巨大地震などの地震リスクがあります。
(参照元:
滋賀県情報防災マップ)

自然災害の備えを行うことで災害にあう可能性から
災害を抑える可能性に変えることができると思います。

以上、お読みいただきありがとうございました。

新築注文住宅のご相談はこちらより
ご連絡いただけます。
お気軽にお問い合わせください。

一覧へ戻る

Contactお問い合わせ

メールの場合

mail
メールフォームはこちら

こちらのメールフォームをご利用ください。

お電話の場合

phone0749-68-0890

受付時間
 9:00~18:00(※水曜日以外)