10年目の点検

本日はお客様宅へと10年点検です。
まずは持ち物はこちら。

点検道具.jpg
工具セットに照明、そしてキャスター付き台です。

このキャスター付き台、たくさんの荷物を運び込むのに必要ってことではありません、
床下への点検で大活躍してくれます。

そしてメンテナンス手帳と共にお客様宅へと訪問いたします。

点検手帳.jpg

お客様宅へと到着しますと、「もう10年かぁ」と昔話にも花が咲くものです。
特に不具合は感じないとのことですが、こちらのメンテナンス手帳の項目に基づき点検を実施していきます。
手帳項目.jpg


外壁や基礎の状態など外部の状態をチェック。

外壁.jpg
水回りの給排水関連の漏れ、排水桝の清掃状態などを確認し、
内部では建具や電気、床や壁の状態を点検します。

引渡しからちょうど10年を迎えシロアリの保証が切れますので、床下の状況をしっかりと点検する必要があります。
床下でシロアリの蟻道など発見した場合、その保証で駆除が可能となるからです。

先ほどのキャスターを利用して床下の点検を開始!
奥の奥のほうへと・・・

床下.jpg


給排水の漏れや結露によるカビの有無、シロアリの蟻道を確認していきます。
このキャスター付き台車があれば隅から隅まで移動がすいすいと可能です(チョットオナカガジャマヲシマスガ、笑)

.
そして本日実施した点検項目にチェックを入れ、不具合や見積項目を書き入れ完了。
手帳項目.jpg
今回はユニットバスお掃除の際破損された部品の発注と、
西側の外壁にコケが発生していたので掃除をお願いしました。
そのままにしておくとさらに湿気を呼び外壁に悪影響を及ぼすからです。

.

このように弊社ではお引き渡しより3ヵ月、6ヶ月、1年、2年、5年、10年、20年、30年と定期点検を行うことで、より安心してお住まいを頂けるように努めております。

今回は定期点検についてご案内いたしました。