住まいの見学会



小さく造り広く住まう



-コンパクトに暮らす30.4坪の家ー



事前ご予約にて公開中


びお外観2.jpg

長浜の中心市街地から東へ行った先に広がる田園風景

そんな集落の一画に佇む住まいです。

外観は耐久性のあるガルバニウムの金属板に

ぬくもりのある木板を組み合わせた素敵な融合です。

室内に入ると、木の香りが漂います。

リビングには自然光が降り注ぎ開放的な吹抜けが広がります。

暮らしやすさを求めてムダをなくし、

小さいながらゆとりある空間を実現した、

30.4坪の住まいをご見学いただけます。




Discerning point




01 深い庇とウッドデッキびお1.jpg

アウトドアリビングとして使えるウッドデッキを設けました。

大きな窓から繋がり、部屋を広く見せてくれます。

大きな庇により、遊び場としても

洗濯物干し場としても大活躍。







びお2.jpg02 家族の気配を感じる吹抜け

吹抜けは1階にたくさんの光を採り込み、

1階2階の高低差による重力換気が可能です。

2階では読書などができるカウンターを設け、

家族の存在を自然に感じられる空間です。








03 適応適量の充実収納びお4.jpg

食品、掃除用具、洋服、季節の物..

何をどこにしまうか用途別に収納作ることで、片づけやすくスッキリ。

30.4坪のお家でも適応適量の収納計画をたてた間取りになります。







びお5.jpg04 空間を利用したロフト

はしごを使ってのぼる

ロフトは子供の心をくすぐる秘密基地。

開放的な勾配天井のスペースをうまく利用し、

収納スペースとしても使えます。







05 キッチンスペースびお6.jpg

空間を広々感じさせるフラット対面のキッチン

横並びトリプルIHやセンサー水栓。

またオリジナルの食器棚は奥行もあり

大容量の収納となります。









bio01.png06 びおソーラー搭載

外気がまだ冷たい春先には、

太陽の南中高度をキャッチして、
屋根で暖めた空気を建物の床下に送り込み、

室内を床から暖めます。
外はまだ寒いけれど室内は春の陽気を楽しむことができます。






性能・デザイン・動線

すべてにこだわりが詰まっています







ご来場お待ちしております。

 

アクセス

   開催場所:びおハウス加納モデルハウス[滋賀県長浜市加納町140-9