薪ストーブ体感会

あの、火のある暮ら

.
前まで私たちは、囲炉裏や火鉢・かまど等、
火を使った暮らしをしていた。お餅を焼いたり、やかんをかけたり調理をしたり・・
電気やガスに比べ、薪火や炭は少し扱いにくいけれど、
その暖かさや癒しには、格別なものがあった。

.

ストーブ体感会‼ 3月4日(土)5日(日)

.

OPEN◇10:00~18:00  会場◇長浜市中山町2-12 (弊社事務所)

_DSB60882.jpg

.

弊社に設置してある薪ストーブは、クッキングストーブです!

大きな天板で煮炊きができ、オーブンでお菓子やピザが焼けます。

「薪ストーブ」って本当にいいの?と思っている方、

是非、この機会に薪ストーブの暖かさをご体感されにお越しください。

ご来場お待ちしております。

.

.

土地探し&家づくりフェア

土地探し&家づくりフェア開催! 

2月20日()・21()10:00~18:00 [弊社事務所にて]

事務所全体

家づくりに必要なポイントを、プロの視点から、わかりやすくご説明させていただきます。

また、土地探しでお困りではありませんか?家づくりの第一歩は土地探しから!

具体的な計画はこれからという方でも、マイホームを具体化するための場として、

お気軽にご相談にお越し下さい。

.

同時開催!【 薪ストーブ体感会! 】

薪ストーブが大活躍の季節。

包み込むような暖かさに、ゆらめく炎、薪の燃える音。

薪ストーブのぬくもりが、心に届き癒される。

実際に手で触れて感じることができる二日間です。

弊社事務所には、クッキング薪ストーブを設置しております。

薪ストーブに興味があるあなた!

是非!この機会に見て、触れて、体感してみてください♪

.

冬が待ち遠しく・・・

今年は酷暑の夏から残暑を通り越しての秋、随分と朝夕の肌寒さがその季節を感じさせてくれます。

毎年恒例ではありますが今年も'薪ストーブ冬支度'の時期です。

春先まで使った薪ストーブの煙突掃除をしようと思うものの、

直ぐに梅雨季節となり「雨がよく降るし梅雨が終わったら・・・」、

夏となり「暑いし夏が終わったら・・・」、

そうしてこの秋に掃除を行うのが通例になりつつある(笑)。

まずはドミノ8本体からお掃除です。IMG_3618.JPG

まずは煙突を外しまして、

IMG_3620.JPG

灰は捨てずに残し(灰床用に)、ストーブの中をばらしていき、煤などは掃除機で除去していきます。

IMG_3634.JPG

今回は室内から煙突掃除をします。

こちらのほうが上から行うより作業的には楽かもしれませんね。

煙突煤.JPG

今年の煤(すす)はこんな感じでした。

煙突掃除は「大変そう」ってイメージがありますが、手際よくやれば半日ほどで出来ます。

こうして手をかけてやるとまた薪ストーブに対して深い愛着が湧いてくるもので、

冬の到来が待ち遠しくなります。

薪棚のリフォーム

先日に入荷した薪が溢れておりましたので、市販のスティール製薪棚をプチリフォームしてやることにしました。
基礎をを作って造作するオリジナルの薪棚もいいのですが、今回は倉庫の扉前であり移動可能なものにします。
ベースには市販のスティール薪棚では、見た目にいまいち...、そこで木を添わしたくさんの薪を収納できるようにリニュアルします。
IMG_2856.JPG
45cm角の木材を加工し、塗装をしていきます。
市販のスティール薪棚にも穴をあけ、木を添わすように設置していきます。
IMG_2936.JPG
木を鉄部支柱に添わせ、嵩上げすることでたくさんの薪が積み上げれるようになりました。土台が鉄のなので反り曲りの心配がありません。
今回は屋根もつけれるようにも桁部に段差をつけました。

完成形はこちら
IMG_3014.JPG
見た目もかっこよく、約倍の薪がたくさん積みあげられます。

煙突掃除

煙突のお掃除は年に一度、春に使い終えた薪ストーブにお手入れをしてやります。
まずは炉内の灰を綺麗に。
煙突を外して天板をばらし、炉内背面などの煤を落としていきます
IMG_0108.JPG
次に、煙突内のお掃除です。(今回は屋根より)
先端の煙突キャップを外し、ぐるぐると回転させながら煤掃除器を挿入。
IMG_0114.JPG
下で受けておいたビニール袋に煤が落ちるという仕掛けです。
今回はこれだけの煤。
IMG_0115.JPG
今回の作業で2時間で終わりました。
「薪ストーブの煙突掃除は大変でしょ」って、思い込んでいる方も多くいらっしゃいますが、
年に一度のこの作業、意外と簡単です。

薪入荷!

薪.jpg
樫木の薪が入荷いたしました。
焚き付け時と普段の火持ちのいい大小の薪でバランスよく混合されてます。

こうして薪の準備をしはじめると、早くも冬の長浜で味わう薪ストーブの暖かさが待ちどおしくなります。


あなたも薪ストーブの達人に!

「炎」を操ることが出来る生命は「人」だけです。そこには崇高な火が持つ暖かさや癒しがそこにはあり、そしてそれらを操るための知恵があります。薪ストーブの楽しみ方は多種多様、あなたのスタイルを見つけませんか。
弊社の薪ストーブはデマニンコア製(made in Italy)のクッキングストーブです。料理の王国から、そして創業180年を超える老舗メーカーの一品。この一癖あるこのストーブを一度使ってみませんか。
ご来社前に、事前にご予約をください。

薪ストーブ体験

準備中です。もうしばらくお待ちください。