購入編 住宅ローン編 契約編

建物や土地を購入すると一体、いくらかかるの?建物以外の諸費用ってなに?
住宅購入資金には、土地と建物の購入価格の他に、「諸費用」が発生します。「諸費用」には、住宅の購入や建築の際に必要な税金や各種の手数料が含まれます。また工事費や引越しの費用、さらに家財の購入代、近所の挨拶回りなども加えると、「諸費用」は購入価格の10%程度が目安です。
家にかかる税金とは?
印紙税・登録費用・不動産取得税・固定資産税です。
お客様によっては、贈与税がかかる場合がございます。
家にかかる諸費用とは?
仲介手数料(土地の売買代金の3%プラス6万円[税抜])引っ越し費用、銀行の借入手数料、仮住まいなどの費用が必要です。詳しくはご相談ください。

住宅ローンはいくらまで借りられるの?
銀行によって住宅ローンの金利が違っていたり、特徴が違っていたりします。
弊社はこれまで経験と知識により、借入れ方法や金利など、適切にアドバイスし、あなたに合った銀行を紹介します。土地探しから家づくりを検討されている方には、土地取得金を含めた住宅ローンの提案もサポートいたします。シークホームは「住宅ローンの適切なアドバイスが得意」な住宅会社なのです。
住宅ローンはマイカーローンやカードローン・キャッシング・リボなどの残債は影響するの?
マイカーローンをお借りの方は差し引いて計算に入れて残った部分が返済可能です。
マイカーローン・カードローン・キャッシング・リボのなどの残債がある場合、住宅ローンなどの借入減額などの可能性がございますので、ご相談ください。
返済年数によって、借入可能額が変わるってホント?
住宅ローンを利用して住宅の購入を検討している場合、「いくらぐらいまで借りることが出来るのか...?」を知ることはとても重要なことです。
この際、用いる計算が、以下にご紹介している借入可能額の計算式です。ただし、実際の融資では、申込人の年収以外にもさまざまな審査要件があるので、ここで計算する借入可能額が絶対ということではありません。あくまでも、年収から見た借りられる上限金額の目安として活用するようにしてください。また、申込みをする金融機関によって、審査の際に用いる設定金利が異なりますので、この点にも注意してください。

(例)年収540万円の世帯 (ご主人 32歳・奥様 30歳 ご夫婦合算)が、審査金利4%、借入予定期間を35年とした場合、住宅ローンの借入可能額の計算によれば、いくらまで借りることができるのか?
(年収) (返済比率) (年間の返済可能額)
① 540万円 × 35% = 189万円
(年間の返済可能額) (月々の返済可能額)
② 189万円 ÷ 12ヵ月 = 15万7,500円
(月々の返済可能額) ※ (借入可能額)
③ 15万7,500円 ÷ 4,428円 × 100万円 ≒3,550万円
※:100万円を年利4%、35年返済で借りた場合の月々返済額

土地を見てもらいたんだけど。
お任せください。まずは境界ははっきりしているか、高低差はないか、上下水道は入っているか、土地の地目が宅地になっているかなど建築ができる土地かどうかを無料で調査します。
土地を探してもらうのは無料なの?
もちろん無料です。当社取り扱いの分譲地の他、地域の土地情報がございますのでお気軽にお問い合わせください。
設計料や見積りは無料なの?
お客様のご要望に沿った基本コンセプトプランと概算の見積りは無料でさせていただいております。お気軽にお申込みください。※尚、本設計に移行の場合は建築申込金(10万円)をいただいております。
契約時には何が必要なの?
契約金・印紙代・印鑑が必要です。